[ホーム] [月別] [シリーズ別] [練習会] [検索]

管理人略歴

Number of visitors: number


前ページ | 次ページ | このページの最後

face ・年令: 50代

・住所: 新潟県

・仕事: ソフトウェアアーキテクト
      (実態は、、、frown)



ジムカーナ略歴

出場183回 優勝41回 入賞73回 (2017.11.1現在)

1984/ 4/22   新潟県シリーズに初参戦(カローラ4ドアセダン)
いきなり賞品をもらったせいで勘違いしてしまう。
1984/ 8/12   フレッシュマンジムカーナで初の表彰台 JAFメダル初ゲット
1984     新潟県シリーズ 最上位9位
世の中そんなに甘くないことを知り、一所懸命練習するようになる。
 
1985/ 3/10   新潟県シリーズで初入賞(AF)
高橋さん車貸してくれてありがとうございました。
1985     新潟県シリーズ 最上位5位
同じA-2クラスでは、小林貴幸選手、青野秀幸選手、柳原環選手の3人に一生勝てそうにないので、
来シーズンは勝ち癖をつけるため他のクラスに移ろうと決意。
 
1986/ 4/20   新潟県シリーズFF初優勝(EP71)
1986/ 6/1   新潟県シリーズFR初優勝(AE86)
1986     新潟県シリーズ Bクラスシリーズチャンピオン
柳原真琴選手EP71のWエントリーありがとう。工藤選手AE86貸してくれてありがとう。
全日本選手権(白糸)に青野秀幸選手のサポートで同行。
(まだ全日本選手権はシリーズ化されておらず、各地区、各クラスの
上位数名だけが出られる年一回の競技会だった)
来シーズンの目標を全日本選手権出場に設定。
 
1987/ 3/1   C地区選手権シリーズに参戦開始(EP71)
1987/ 3/22   C地区選手権シリーズ初表彰台
1987     C地区選手権シリーズ A-1クラスシリーズ5位
ぎりぎりで全日本出場権ゲット。
シーズン通してWエントリーで車を貸してくれた鶴巻選手はじめ応援してくれた方々のおかげ。
1987/ 11/29   全日本選手権(鈴鹿)に初参戦(AA33S)
ジムカーナを始めた時から目標としていた、小林選手、青野選手、柳原選手の3人とともに出場できたが、
今思い出しても恥ずかしい走りしかできず玉砕。来年こそは...
 
1988     C地区選手権シリーズ 最上位4位
A-1クラスは、昨年の上位陣で残れたのは片山和也選手のみ。
代わって、植木徹選手、斉藤邦男選手、伊豆蔵静次選手、岡野博史選手らが上位を占める。
年間四十数戦も出てる選手にはついていけないよ...
 
1989-     あっという間に落ちこぼれて成績出せず。
 
1991-     埼玉県に移り住む。C地区選手権には時々出場。
 
1993-     森田昌芳選手と活動開始。Wエントリーありがとう。
ポテンザカップシリーズに参戦。
 
1997     活動休止
 
1998-     性懲りも無くEK9を購入。練習を再開するが、たまにしか練習しないので全然うまくならない。
 
2000-     JMRC関東シリーズに参戦。
 
2002     TMG練習会のみ
 
2003     新潟県に戻る。車はEK9のまま。
 
2004     JMRC新潟シリーズに参戦(EK9)。
 
2005     13年ぶりにJMRC新潟シリーズチャンピオン獲得(NT1クラス,EK9)
 
2006-2009     JMRC新潟シリーズに参戦(EK9)。
 
2010     5年ぶりにJMRC新潟シリーズチャンピオン獲得(NTFクラス,EK9)
 
2011     JMRC新潟シリーズに参戦(EK9)。
2012-2015     JMRC新潟シリーズに参戦(DE5FS)。
2016-     JMRC新潟シリーズに参戦(NB8C)。
count(img)
前ページ | 次ページ | このページの最初

E-mail: webmaster@gymkhana.info

Copyright © 1999-2016 www.gymkhana.info.
All rights reserved.